通信教育

1年生の4月。


四谷大塚、SAPIXのピグマ、Z会を

取り寄せて検討していました。

甲乙つけがたく、というよりピンと

こない。

結局見送り、ドリルや問題集を

組み合わせて使っていました。



日々のルーチンをホワイトボードを

使ってこなせるようになったハル。


母の帰宅時にはサクッと終わらせて

テレビを見ています。

これが12月。

テレビが長い 泣

別にやること終わっているから

何の文句もないのですが、

まあダラダラと…


毎日の学習習慣がきちんと身についた

のは1年生として合格なんだけど、

テレビをダラダラ見る習慣まで

ついて欲しくない。


もう少し負荷をかけよう!

と、いうわけで。

本人がやりたがっていた通信教育を

チラつかせたら食いつきました。


でも、なぜかチャレンジ。

理由:みんなやっているから


やるならSAPIXのピグマだよ?

というと、それでも喜んでいました。


ピグマを選んだ理由:

なぞぺー系の問題を母の与え方のせいで

嫌いにさせてしまったので、思考力系を

楽しめるようになって欲しかったから。

(人任せ 泣)


で、2年生のうんこ漢字ドリル、

2年生のおうちゼミ、1年生のトップクラス

問題集。

それぞれ残っています。

これが終わってからね、と約束。


ハルは自分で漢字1日2ページ等、

1日のノルマを決めていました。

(感心感心!決めたとおりやれば…)


母は、ハルが決めた分量を表に

落とし込み、毎日ハル自身がどこを

やるかチェックしやすいようにしました。

プラス、単純な計算プリントを毎日1枚。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。